2013年12月アーカイブ

アップルが調査員派遣

| トラックバック(0)
アップルといえばもう普通の人にも有名な企業になっていますね。
一昔前は
売り物がマッキントッシュしかなくて、
一部の熱狂的な信者がほめたたえるだけの会社だったんですが、
その後、スティーブ・ジョブスの復活と
スマートフォンであるiPhoneの発売によって、
今や一般人にも知れ渡っている
高い信頼度を集めるブランドとなりました。

スマートフォンの市場には、
二つの大きなOSが存在しており、
一つがアップルのiOSであり、
もう一つがグーグルのAndroidですね。

日本ではiPhoneが大きな市場を持っており、
シェア全体の7割ほどがiPhoneだといわれているんですね。

これは、他国と比べるとかなり違っていて、
世界全体をみると、Androidが大きなシェアを持っており、
少しすくなくてiOSって感じなんですけどね。

日本人が大好きなiPhoneですが、
アップルが上海にある製造委託先の工場で15歳の少年が死亡した
というニュースをうけて、
アップルが工場に調査チームを派遣したことが判明しました。

調査の結果違法就労は認められなかったといいます。
未成年の就労は禁止していますが、
親戚の身分証明書を利用して、20歳だと偽って働いていたのだとか。

違法就労が良く取りざたされる中国の工場。
利用している企業や我々としても、
だまってみているだけではいけないと思います。

このアーカイブについて

このページには、2013年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年11月です。

次のアーカイブは2014年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。