2013年6月アーカイブ

中国に対する非難決議が提出されたのは、
アメリカの上院。

民主党と共和党という二大政党制のアメリカですが、
この非難決議を提出したのは、
両党からの超党派議員だそうです。

提出されたのは、
中国が、東シナ海、南シナ海などで、繰り返している
威圧的な行動が、周辺地域の
緊張を高めていること。
対話による平和的な領有権問題の解決を促すこと。
を決議するというものだそうです。

これは、米中首脳会談で、
オバマ大統領が、
習近平国家主席に、
日本がアメリカの同盟国であることを認識する必要がある。
と中国をけん制したことを、
アメリカ議会としても、後押しする狙いがあるんだとか。

実際に、連日中国の軍事的圧力にさらされている
日本や、フィリピン、ベトナムなどの国からすると、
非常にありがたい決議になるでしょうね。
可決されるとしたらですけど。

ちなみに、日本としては、
アメリカがもし行動を起こさなかったとしても、
自国を自分たちで守れるように、防衛力を強化するのは
必須なんですけどね。
そこを間違えないようにしたいものですん。

このアーカイブについて

このページには、2013年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年5月です。

次のアーカイブは2013年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。